Topics

ピッタ【pitta】食事編

アーユルヴェーダ Paradiso 横浜 蒔田 アロママッサージ フェイシャルエステ パラディッソ

【知的ピッタさんは燃え上がる情熱とチャレンジ精神でみんなの注目】

ピッタ体質の方の性質から^^

熱性・変動性・鋭性・流動性・液性の性質を持ちます。過激なドーシャにより攻撃的になったり常にイライラ…見栄を張りすぎてしまったり。肌トラブルも引きおこしやすく湿疹や蕁麻疹、ニキビ肌や吹き出物、痒みなど。肝臓や胆嚢、胃腸の不調が出やすいことも。

おすすめの食事

✓ストレスの溜まってるとき、イライラ時は食事量を少なめ

✓緑黄色野菜を積極的に摂取

6味(ラサ)の中では

甘味・苦味・渋味を積極的に^^

甘味→地と水から。神経質になってるときや落ち着かない時にこころを落ち着けます。たんぱく質、炭水化物、加糖類、脂肪類、アミノ酸を含むものは甘味を作ります。お米やパン、ミルクなど

苦味→風と空からなり、冷却作用があり夏場の疲労回復に。消化促進や肝臓の働きをよくします。緑黄色野菜、葉野菜、コーヒー、ターメリック、紅茶、緑茶、ゴーヤ、アロエベラなど。取り過ぎはめまいや体力低下に繋がるので中を。

渋味→風と地からなり、消化吸収を助け抗炎症作用があります。唾液の分泌量を減らしますので過激な粘膜の分泌物を減らします。豆類、梨、りんご、ライ麦、そば、きのこ、ブロッコリー、赤ワイン、緑茶など。摂取のしすぎは体内に毒素が溜まりやすくなるのでご注意下さいね。

穀類 米、小麦、大麦、オートミール、ライ麦
豆類 豆腐、大豆製品、空豆、グリーンピース
野菜 生野菜全般

キャベツ、きゅうり、ゴボウ、さつまいも、セロリ、もやし、レタス

、レンコン、ズッキーニ、オクラ、アスパラガス

果物 いちご、いちじく、キウイ、ざくろ、すいか、メロン、もも、

ブドウ、プルーン  100%フルーツジュース

乳製品 ギー、牛乳
油、ナッツ ギー、オリーブオイル、ココナッツオイル、アーモンド、かぼちゃの種
甘味料 氷砂糖、粗製糖
スパイス・ハーブ コリアンダー、ターメリック、グローブ、シナモン、ナツメグ、カルダモン、ミント
肉、魚 特に鶏肉、小エビ、ターキー(少量)

注意

✓ラサ(味)は辛味・酸味・塩味は避けましょう。

✓落ち着いた空間で食事をとることを心がけて下さいね^^

ご予約・お問合せは

★アロマ&アーユルヴェーダサロン Paradiso パラディッソ
横浜市南区宮元町3-52コルディア横濱サウス201号
TEL 045-731-7791
営業時間:平日10:30〜22:00
土日9:00〜22:00(完全予約制)




施術中は電話対応致しかねます。LINEトークでご予約、お問い合わせください。